おばたのお兄さんがInstagramに投稿している“コータシリーズ”。自身がコータ少年に扮し、小学生あるあるを披露するというものです。絶妙に笑いを誘う動画の数々が、ファンの間で話題となっています。

関連記事:吉本坂46が結成2周年!おばたにしゅんP、メンバーが感謝のコメント「目指せ紅白」

 

まさかのお願いに爆笑!

「お願いを断られ続けて柔らかいところで頭打つ小学生」という投稿では、コータが、「お母さんさぁ〜そろそろさぁ〜スマホ買ってぇ〜」とおねだりを始めます。しかし、母親は「まだ早い!」と一刀両断。負けずに食い下がるも、その願いは叶わず……このやり場のないモヤモヤを、“柔らかいところで頭をぶつける”という行為でコータは表現します。そして最後には、突拍子もないお願いをするコータ。

このやりとりに爆笑するファンが続出し、「言う言う!! これ、言いますね!!」「我が子を見ているようでした」「安全なとこでちゃんとやるよね笑」と共感するコメントが多数寄せられました。

■「願いを断られ続けて柔らかいところで頭打つ小学生」の動画はコチラ

 

母親に怒りをぶつけるコータ

出典: @bataninmari

「床屋さんで髪の毛切られすぎた小学生」という投稿では、床屋で髪の毛をバッサリと切られてしまったコータが、母親に不満をぶつけます。一方の母親は「さっぱりしていい」とまさかの好反応。それでもコータは怒りがおさまらない様子ですが、その後の母親からの一言に、「ねぇ、お母さん! アイス!」と謎の切り返しを見せました。

これには、おばたのお兄さんも「男の子は経験あると思います。なぜかお母さんに怒りをぶつけちゃうよね。」とコメント。ファンからは「先日、息子がコレでした‪‪w‪w‪w」「アイスwwwww」「いやこれはガチである笑」と反応が寄せられ、家庭でもよくある光景に、笑いが巻き起こっていました。

■「床屋さんで髪の毛切られすぎた小学生」の動画はコチラ

 

凡ミスをなかったことにしたくて必死!

出典: @bataninmari

「やり方ミスる小学生」にも大きな反響が。「ピザ」と10回言わせて、「ヒジ」が正解の“10回クイズ”を仕掛けようとしたところ……初っ端から「ヒジって10回言って」と残念な凡ミスが発生。

相手が「ヒジ、ヒジ、ヒジ……」と数えだしたと同時に自分の間違いに気づき、「え! 違う違う違う! なしなしなし!」と鬼の形相でやり直しを求めます。

あまりにも必死すぎるその姿に「やっちゃった…」「訂正必死w」「なしの声のデカさ笑」と、ファンからのツッコミが殺到しました。

■「やり方ミスる小学生」の動画はコチラ

 

リアルすぎる“コータシリーズ”。「いたわこんな子笑笑」「うちの小3の息子みたいで笑っちゃいました」と、“実在する”との声も多くあがっていました。

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」