8月21日(金)、すゑひろがりず(三島、南條)がYouTubeチャンネル『すゑひろがりず局番』にて動画を公開。100万円を出資し、マヂカルラブリー・野田クリスタルとゲームを作ることを発表しました。

関連記事:自作ゲームでR-1王者に…野田クリスタルが“ゲーム”を語る 「あつ森」をやっていない意外な理由も

 

すゑひろがりず、「野田ゲー」に100万円出資!

これまで『あつまれ どうぶつの森』を“伝統芸能風”に実況するなど、独特なゲーム実況が注目を集めてきたすゑひろがりず。

今回はなんと、野田が行なっているプロジェクト『超面白ゲーム『スーパー野田ゲーPARTY』をみんなで作りSwitchで発売したい』に出資することを発表しました。

現在、野田は吉本興業プロデュースのクラウドファンディングサービス『SILKHAT』で軍資金を募っている最中。順調に進行しており、すでに目標金額400万円に対し、8月25日(火)時点で1,000万円を突破しています。金額に応じて様々な特典がある中、すゑひろがりずは最も高額な100万円を出資。「野田ゲーを一緒に作れる権利(ゴージャズ版)」を手に入れたとのことです。

南條は「すゑひろがりずのゲームを野田さんに作ってもらって、それを実況する。すゑひろがりずの名前が入ったゲームがSwitchでやれる。これは100万じゃ安い!」と大興奮。

三島も「このゲームがeスポーツの種目になることを目指している。和風で、世界中の人たちが戦っていただけるようなゲームにしたい」と大きな目標を明かしました。

野田、まさかの追加出資を要求!?

ここで野田に生電話をしてみることに。「全然準備してなかった! 心構えができていない」と慌てる野田に、南條が100万円の出資をしたことを報告。

野田は「大宮セブンの絆ですね」と大喜び。すゑひろがりず、マヂカルラブリーほか、囲碁将棋、GAG、タモンズ、ジェラードン、ボーイフレンドの7組によるユニット“大宮セブン”の仲の良さがうかがえる一コマもありました。

さらに三島が「鳥山明先生に描いてほしい」「VRに対応してほしい」などの要望を出していくと、野田はこれを快諾。「和風なので、『バガボンド』の井上雄彦先生のがいいかも」と逆提案も飛び出します。

理想のゲームが実現しそうな予感に、すゑひろがりずは大盛り上がり。しかし、突如野田が「おそらくなんですけど……」と切り出し、「追加で1億円かかると思う」とまさかの追加出資を要求する展開に。これに南條と三島は大爆笑していました。

さらに「納得いくまで何回も打ち合わせして、僕らも任天堂さんと戦う」と語る野田。続けて「今、YouTubeを観ている人のイラストが採用されることもある。みんなで作ろうという趣旨でやる」とファンを巻き込んでの制作にしたいと明かし、南條は「めちゃくちゃ面白いことになりそう!」と期待を寄せていました。

■すゑひろがりずが100万円でゲームを買ってみた!動画はこちら

 

最後に「全力でいいゲームを作りましょう。自分らのゲームを自分らで実況するという世界初の試み、皆さん楽しみに待っていてください!」とファンに向けて呼びかけた南條。すゑひろがりずと野田のタッグでどのようなゲームが出来上がるのか、期待が高まります。

『すゑひろがりず局番』

チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UC0vhOipAozD9bZcNy6CTpgQ

『超面白ゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」をみんなで作りSwitchで発売したい』

詳細はコチラ

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?