キム兄こと木村祐一が、4月8日(月)に都内で開催されたドラマ『パーフェクトワールド』の制作発表会見に出席しました。

有賀リエの同名コミックをドラマ化した本作。事故で下半身不随となった車いすの建築士・鮎川樹(松坂桃李)と、学生時代の同級生で樹のことが好きだった川奈つぐみ(山本美月)が再会するところからドラマは展開します。

記者会見には、木村、松坂、山本の3人に加えて、瀬戸康史、中村ゆり、松村北斗(SixTONES)、麻生祐未、松重豊が登壇しました。

木村が舘ひろしを演じる!?

それぞれキャストがコメントするなか、木村が「舘ひろし役の木村祐一です」と自己紹介。松坂らから「違いますよ!」とツッコまれると、会場は爆笑に包まれます。

自身の役どころについて「(樹の)一番の理解者であり、“健常者と障がい者の壁をとっぱらってしまえばいいんじゃないか”という想いを持っている役で、緊張感を持ちながらやっています」と語ります。

また、ドラマのキャッチコピーでもある「いつかこのドラマがただのありふれたラブストーリーになりますように。」という言葉を引用し「“そうなればいいな”と思いながら演じています」と話しました。

松村の叔父役に「感慨深い」

MCより、松村の叔父役になることをツッコまれると「過去、これまでジャニーズの子と(作品で)絡むことはありましたけど、“肉親”というのは初めてで、感慨深いものがあります」と笑わせます。

役では、血のつながりもあり、タメ口で話かけてくる関係性のため「親愛な感じでやっていこうかと思います」と語りました。

また、純愛ラブストーリーというところから「脚本を読んでも泣いているんですよ」と木村。年齢を重ねたことで「涙腺を抑えられない」と、毎回脚本を読むたびに泣いてしまうことを明かしました。

木村は“気遣い”のパーフェクト?

「共演者で“パーフェクトだな”と思う人は?」との問いに、木村はセットや衣装のディテールを称賛。「ケータリングもバッチリですし」と笑わせたあと、「人間味溢れる組だなと思います」と、制作チーム全員の素晴らしさをアピールします。

そんな木村の回答を聞いて瀬戸は「こういうときに、いつも木村さんが(率先して答えてくれて)助けてくれるんです」とコメント。一緒に番組に出演したときも声をかけてくれると言い、「気遣いのパーフェクト」と称します。木村は感動したのか「そんなんアカン」と言い「泣いてしまうから!」とツッコミを入れていました。

木村が出演するドラマ『パーフェクトワールド』は、フジテレビ・関西テレビ系にて、4月16日(火)21時スタートです。お見逃しなく!

『パーフェクトワールド』

放送局:フジテレビ・関西テレビ系
放送開始日:4月16日よる9時~(初回20分拡大)
出演者:松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、松村北斗(SixTONES)、麻生祐未、松重豊、木村祐一ほか
公式サイト:https://www.ktv.jp/perfectworld/