8月16日(日)、JO1 2ndシングル『STARGAZER』のショーケースイベントが開催されました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

日本最大級のオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!)にて結成されたグローバルグループ・JO1。メンバーは視聴者である“国民プロデューサー”によって選ばれた、豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11名で、今年3月にメジャーデビューを果たしました。

2ndシングル 『STARGAZER』(8月26日(水)発売)のリリースに先駆けて行なわれた今回のイベントは、新型コロナウイルスの影響を受け、抽選招待によるオンライン生配信として実施。2ndシングル に収録される『GO』『So What』『OH-EH-OH』の3曲を披露し、さらにレベルアップしたパフォーマンスを見せた一方で、“JAM(JO1のファンネーム)”との絆がひしひしと伝わるイベントとなりました。

関連記事:JO1が日本人グループ初の「KCON」出演!本番前の11人に迫る【リハーサル潜入】

 

「GO」「So What」を初披露!新曲の魅力を語る

©LAPONE ENTERTAINMENT

配信開始5分前、ステージ袖から掛け声が聞こえ、気合い十分な様子のJO1。颯爽とステージに現れ、ハウスリズムにトレンディなメロディーが印象的な『GO』を初披露。迫力満点のダンスで魅了します。

“JO1 School”と題したトークタイムでは、司会のはんにゃ・金田哲が呼び込むと、川西はボイスパーカッション、金城は歌声を披露するなど、それぞれがアピールしながら登場。

「見えていますので、一緒に盛り上がりましょう!」と、画面の向こう側にいるJAMに呼び掛けた川尻。河野も「聞こえているか! テンション上げていこうね、みんな!」と元気いっぱいに挨拶しました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

金田から近況について聞かれると、與那城は「2ndシングルに向けて活動をこなしている中で、休む暇はないんですけど……休みがないって幸せじゃないですか。だから僕たちは幸せです!」と笑顔でコメント。

間もなく発売される新曲『STARGAZER』について、大平は「学生と学校がテーマ。悩んだり迷ったりしている10代の子たちに向けて、“僕たちがそばにいるよ、一緒に進もう”というメッセージがこもっている」と明かします。

金城は「(デビューシングルである)『PROTOSTAR』は原始星という意味。『STARGAZER』は星に成長していく過程が描かれている。星になった僕たちを見てほしい」と呼びかけました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

続いて『So What』をパフォーマンス。耳に残るサウンドと、センターで踊るメンバーが次々に入れ替わっていく斬新なフォーメーションが見どころです。

鶴房はこの曲がお気に入りとのことで、「ライブで一番盛り上がる曲。ラップ調でダンスもかっこいい」と語っていました。

「OH-EH-OH」MVで演技初挑戦

©LAPONE ENTERTAINMENT

パフォーマンス後は、リード曲『OH-EH-OH』のメイキング映像が公開され、MV撮影についてトークを繰り広げていきます。

白岩は「凝ったストーリーになっている。とにかく戦闘のシーンが大迫力になっているので、期待して見てほしい」と話し、「殺陣のシーンで11人の個別の動きがあった。それが連携していないとみんなの動きが止まってしまうので、1人も失敗できなかった」と振り返ります。

今回のMVで演技に初挑戦したJO1。木全は「やったことがなかったので、短時間で覚えられるかなと思ったけど、意外とイケた」と涼しい顔でコメント。

金田から「演技力がハンパない!」と絶賛された豆原は、「稽古は受けたことないけど、(演技は)好きなんです。イメージを湧かせてやってみた」と手応えを感じている様子でした。

©LAPONE ENTERTAINMENT

そして最後は『OH-EH-OH』を披露。力強い歌詞に、コーラスによって変わる雰囲気など様々な魅力が詰まった1曲です。同イベントで、川尻がJAMに向けてレクチャーした“ジャケットダンス”もポイント。

この日、鶴房と木全はマイクを片手にラップを披露するなど、いつも以上に気合の入ったパフォーマンスを届けました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

パフォーマンス後、「本当に楽しかった。世界を照らせるスターになれるように頑張っていきます」と決意を語った川尻。佐藤は「楽しかったけど、何かが足りない。JAMが足りない。いつか直接会えるようにするので、待っていてください」と再会を誓いました。

エンディングでは『OH-EH-OH』を口ずさみ、手拍子をしながらステージ後方に下がっていきます。全員で「ありがとうございました!」と感謝を口にし、最後までカメラに向かって手をふり続け、JAMとの別れを惜しんでいるようでした。

まだまだパワーアップしていきたい

©LAPONE ENTERTAINMENT

イベント後には再びステージに現れ、報道陣の取材に応じたメンバーたち。

この日のイベントについて「久しぶりにステージに立てて、1stシングル以上に成長した姿を見せることができた」と河野。川西も「ステージに立つことが好きなんだなと改めて実感した。ファンの方に実際に会ってパフォーマンスできるように、これからも頑張っていきたい」と話します。

また川尻が「こういった状況の中で、JAMの皆さんに直接パフォーマンスをお届けできたのは有難いことだし、うれしかったです」と話すと、白岩は「2月のファンミーティングが最後だと考えると、相当寂しい思いをさせてしまっているし、僕たちも寂しい。次に会ったときにパワーアップしている姿を見せたい」と思いを述べました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

『OH-EH-OH』のダンスについて、「ジャケットダンスはすごく簡単でキャッチーな振り付けなので、ぜひ皆さんにマネしていただきたい。公式SNSにも僕らが踊っている映像があるので、一緒に楽しめたら」と呼びかけた川尻。豆原は「戦うシーンは迫力がある。カッコよく演技ができていると思うので、ぜひ見ていただきたい」とMVの見どころを明かしました。

今回の衣装のモチーフが学生服ということで、学生時代の夢を聞かれると、佐藤は「アベンジャーズになりたかった。こうして最強のチームを見つけた。夢が叶った」とのこと。

そして、今回収録されている『My Friends』で作詞を手掛けた與那城。「JO1に選ばれたときや、『PRODUCE 101 JAPAN』での思いが強かった。今まで練習してきたことや、出会ってきた人たちのことを何か形にして残したいというのがあった」と挑戦した経緯について語り、「韓国で1stシングルをレコーディングしているときに相談して、今回収録してもらえた。非常に嬉しい限りです」と喜びを露わにしました。

 

『STARGAZER』

発売日:2020年8月26日(水)

■初回限定盤A(CD +DVD)
¥1,900(税込)
品番:YRCS-90181
収録曲:OH-EH-OH/So What/KungChiKiTa(JO1 ver.)/My Friends
<初回プレス限定封入特典>
①応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
②トレーディングカード1枚(限定盤Aバージョン11種類の中から1枚をランダム封入)

※詳細はこちら

■初回限定盤B(CD +ブックレット)
¥1,900(税込)
品番:YRCS-90182
収録曲:OH-EH-OH/Voice (君の声)/GO/My Friends
<初回プレス限定封入特典>
①応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
②トレーディングカード1枚(限定盤Bバージョン11種類の中から1枚をランダム封入)

※詳細はこちら

■通常盤(CD)
¥1,400(税込)
品番:YRCS-90183
収録曲:OH-EH-OH/So What/Voice (君の声)/My Friends
<初回プレス限定封入特典>
①応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
②トレーディングカード1枚(通常盤バージョン11種類の中から1枚をランダム封入)

※詳細はこちら

JO1公式サイト:https://jo1.jp/

【JO1まとめ記事】

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?