『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)をはじめ数々のバラエティ番組に“霊が視える芸人”として出演し、注目を集めるシークエンスはやとも。

そんなはやともによる著書『ヤバい生き霊』(光文社)が、現在好評発売中です。本著は、『女性自身』(光文社)で連載中の『ポップな心霊論』より選りすぐった心霊エピソードをまとめた1冊。自身の不思議な体験を面白おかしく紹介しています。

今回ラフマガでは、はやともにインタビューを実施。発売後の反響や、若手芸人を霊視した際の印象を語ってもらいました。

関連記事:「ホンマでっか」出演で話題!霊視できる“幽霊芸人”シークエンスはやともの全貌に迫る

 

目標はフジテレビで短編ドラマ化!?

—発売から少し経ちましたが、反響はいかがでしょうか?

DMで感想をもらうこともありますし、SNSとかで「本屋さんを4軒くらい回ったけどなかった」とも言ってもらえて。この前、『SHOWROOM』でダブルアート・真べぇさんとツートライブ・たかのりさんがMCの怪談配信に出させてもらったんですけど、お二人にも「本屋で探したけど、どこにもないねん」って言われて嬉しかったです。何より、「読んだけどそんなに面白くなかった」っていう意見が今のところないのでホッとしています。“目指せ、『事故物件怪談 恐い間取り』(二見書房)”です!

—映像化を狙っていると。

フジテレビでの短編ドラマ化を目標に、この本をPRしていきたいなって。……印税って憧れますよね。『ホームレス中学生』(麒麟・田村裕著、ワニブックス)の印税を知ってる世代ですけど、改めて“田村さんってすげぇ!”って思っています。

—発売にあたり、自身の体験談を読み直して改めて感じたことはありましたか?

読み返して、“俺ってこんなに怖い体験をしてたんだ”って思うことは結構ありましたね。例えば『ヤバめの心霊相談に僕がしたアドバイス』。亡くなった彼氏に連れて行かれそうになっていた女の子についてのエピソードだったんですけど、読み返しながらよくよく考えると、僕らって生き霊が憑きやすい仕事してるんだよなぁって。(多くの人の念を受けすぎて)体調が悪くなる日も来るんじゃないかって考えると……“太っててよかったぁ! イケメンじゃなくて!”って思いました。

最終着地点は“幽霊で笑いが取れる人”

—“幽霊=怖い”というイメージを持たれがちですが、はやともさんはいつも恐怖心を煽らず、淡々と、時に笑顔を浮かべながら話しているのが印象的です。

幽霊って血みどろでおどろおどろしいと思われがちですけど、僕からすると人間の延長線上にあるものなんです。生きていた時に怖かった人は死んでからも怖いし、生きていた時に普通だった人は死んでからも普通。となると、大概の幽霊は普通なんですよね。僕はそんな普通の幽霊たちが起こす素っ頓狂な出来事を、お笑いに昇華できたらいいなと思っていて。少なくとも僕の周囲にいる人たちだけでも、お化けの話で笑っていいんだと思ってもらうために、淡々とエピソードを連ねるようにしています。

—となると、芸人としてネタで認められたいという気持ちも強いんですか?

そういう気持ちは強いんですけど、『ホンマでっか!?TV』に出演して“幽霊が視える人”っていうパブリックイメージが走り始めてしまった以上、後戻りはできないじゃないですか。いくらネタで番組に呼ばれても、霊視のエピソードになってしまうでしょうし。ただ僕は占い師になりたいわけでも、霊能力者になりたいわけでもないですし、最終着地点は“幽霊で笑いが取れる芸人”になることなので、そうなるために『R-1ぐらんぷり』の決勝に行けるよう、ネタはネタで頑張っていきたいなと思っています。

—霊視はご自身でコントロールしているということですが、視えるようになったことで死生観について何か思うことはありますか?

そもそも死んだあとのことって、誰も経験してないので本来わからないんですよね。で、死後の世界って天国と地獄があるっていう考え方の人と、そんなのないって考えてる人に分かれると思うんですけど、僕は後者のほうがいいと考えています。なぜなら、死後の世界とか幽霊みたいなものに理想を抱かず、ちゃんと現実を理解してほしいから。幽霊って、そんなにいいものじゃないですよ? 何より切ない。肉体が消滅しているのに過去に縛られてますし、ずっとずっと同じところで同じ時を繰り返してるんですから。視えると言ってる僕が言うのもなんですけど、結局、自分の経験値は自分で積み上げるしかないんです。だからこそ死後に変な思いは抱かずに、今を一生懸命に生きたほうがいいと僕は思っています。

—視えるとは、どんなことだと思っていますか?

『ホンマでっか!?TV』に出ているある先生といろいろと話した結果、“幽霊が視えるのって脳波とか匂いによるものなんじゃないか”っていうところに行き着いたんです。匂いが可視化できる人って実際にいるらしいんですけど、それって大脳新皮質の一部が開花するから見えるみたいなんです。だから、生き霊とか幽霊が視えるのも同じようなことなんじゃないかと納得しています。

EXIT、すゑひろがりずはどう視えている?

—有名になる前とあとでは視えるものが違ってくるものですか? 例えば『M-1グランプリ2019(以下、M-1)』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の決勝に進出し、最近では『あつまれ どうぶつの森』の実況でも人気のすゑひろがりず(南條庄助、三島達矢)はどのように視えていますか?

僕、南條さんと昔、『ユニクロ』の朝の清掃を一緒にやっていたんですよ。『M-1』の決勝後、まだ1回しか会っていないんですけど、確かに憑き方に変化はありますね。ただ……まだまだ気を抜かずにいたほうがいいんじゃないかなって僕は思っています。

—気を抜かないほうがいいというのは?

すゑひろがりずさんって伝統芸能風のネタをキャラクターとしてやっていて、当たり前ですけど実際にそういう人ではない訳じゃないですか。そうなると、お二人がやってることを好きな人はたくさんいても、お二人そのものがものすごく好きな人ってほかの売れている方々に比べると少ないんです。だから、今後はロンブーの淳さんとか有吉(弘行)さんとかにイジられて本人の自然なキャラクターを好きになってもらえるようにすると、もっとお二人の魅力が伝わってファンの方もさらに増えるんじゃないかなと思います。……って、芸歴10年も後輩の僕が偉そうに言えるようなことではないんですけど(笑)。

関連記事:「あつ森」実況で女性人気急上昇!すゑひろがりずの現在に迫る

 

—本の中で“老若男女の生き霊が憑いている人が人気者”だと書かれていましたが、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)についてはいかがでしょうか?

EXITさんは……頭が良すぎるんですよねぇ。特にりんたろー。さんは今まで辛い思いをたくさんしてきたんじゃないかな? ネタが尋常じゃないくらい面白い方々なので、今のような状況が落ち着いたとしても劇場でネタをやり続けていく力はあるはずです。だけど、売れているからこその怖さも抱えてるんでしょうね。りんたろー。さんを応援している人は山のように存在しているんですけど、今は心に余裕がないので、人気みたいなものを寄せ付けられる余裕がない感じがします。

同じ世代で老若男女に愛されてるのは、ダントツで宮下草薙の草薙くん。あと、3時のヒロインのかなちゃん(かなで)……霜降り明星(粗品、せいや)の2人は飛び抜けて愛されているように見えますね。

—では、最後にメッセージをお願いします。

この本では、お化けの面白さをわかりやすく知ってもらえると思います。なおかつ、幽霊は人の延長線上にあるものでポップに楽しく感じていいものですし、みなさんがそう思ってくれるようになると僕が非常に助かります! なので、ぜひ楽しみながら読んでいただけると嬉しいです。

『ヤバい生き霊』

著書:シークエンスはやとも
価格:1,320円(税込)
光文社

詳細はコチラ

【芸人記事まとめ】

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?